2012年09月01日

どういうヘアメイクが良いか伝えるには写真が一番!

"5年前にレストランウエディングをしました。普段からヘアースタイルやメイクにはあまり興味が無く、特にヘアースタイルにおいては、髪が太くて多いという髪質だったため普段はいつも後ろで束ねているだけでした。

なので、プロに任せておけば大丈夫!と思っていました。事前にどんなヘアメイクが良いか打ち合わせはしたものの、当日は自分の思っていたものとはほど遠いできあがりでした。

前述したように私自身、ヘアメイクの知識はほとんどない状態だったので、打ち合わせも良いか悪いかわからずに終わってしまったのでしょう。

当日は鏡越しに出来上がっていくヘアーメイクを見て、なんだか違うなと思いながらも忙しい担当の方に「変えて」というのも申し訳なく思い、「まあいっか」という気持ちでした。後日出来上がった結婚式のアルバムを見て「やっぱり自分はどんな風にしたいかをきちんと伝えておけば良かった」と思いました。

結婚式は一生に一度のことなので「自分が主役だ」と言う気持ちで少しわがままになっても良かったかなと思いました。それ以降結婚する友達には「ヘアーメイクはちゃんと考えっていったほうがいいよ」とアドバイスをしています。

私の経験から一言言わせてもらうなら「こんな風にしたい!」という写真を持っていくのがベストだと思います。
posted by ブライダルエステまとめ at 22:49| Comment(0) | 挙式直前のブライダルメイク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和装のメイクで失敗!

"昔から、神社での挙式にあこがれていた私は、自分の結婚式を和装&日本髪のカツラで行いました。

事情があって、衣装とカツラのみは事前に合わせられましたが、メイクは式当日にぶっつけ本番でしかできなかったので、多少不安はあったのですが「専属のベテランメイクさんなので、大丈夫ですよ」という式場の方の言葉を信じ、式場のメイクさんに全てお任せすることに。

普段から、けっこうメイクや美容関係のことが好きなので、自分でも色々と楽しんでメイクしているのですが、結婚式では和装ということで、メイク方法も洋服の時とは違うのかな?と思って楽しみにしていました。

式当日、どんなメイクをするのかな…とメイクさんが使用していた化粧品ブランドを何気なく見てみると、シャネルとかランコムなどの海外ブランド、資生堂マキアージュなど、割と見たことのあるメイク道具だったので、和装でもメイク道具は、あまり変わらないのかな?とまず思いました。

メイクが始まり、見守っていたのですが、割とアッサリ終了…白無垢の和装なので、顔だけゴテゴテメイクしているのも、おかしいから、こんなもんかな、と思いました。赤くポッチリ口紅を差してもらったのが、唯一、和装メイクらしい部分でしょうか。

でも、カツラを付けたら、何かがおかしい!

なんだか、こめかみ部分がカツラで圧迫されて、その圧力で目がタレ目に…元々タレ目気味ですが、圧力で曲がった瞼に付いた、ツケまつ毛のラインのせいで、余計にタレ目に見える始末です。

ちょっとこれには納得がいかない!と思って、カツラを付け直してもらいましたが、結局、こめかみに圧力はかかってしまうので、急遽、カツラを装着してから、ツケまつ毛も付け直してもらいました。

時間ギリギリで、明らかにメイクさんもあせっているし、普段から自分でもツケまつ毛を使ったりしていたので、これなら自分でやった方が良かったかも?と思ってしまいました。

やっぱり、ヘアメイク打ち合わせは絶対にしないといけなかったなぁと反省しています。"
posted by ブライダルエステまとめ at 22:48| Comment(0) | 挙式直前のブライダルメイク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。